三木武が語ります
三木武 自分を語る・・・

ソニー生命に入社
三木武が語ります1----ソニー生命をお知りになったのは、長女が生まれる直前と伺いましたが。
三木----妻がインターネットで調べ、『ソニー生命が良いみたい』とWebで資料請求していたのですが、妻の友人がソニー生命で学資保険に加入したので担当者を紹介しようか?という事で来て頂いた事が、ソニー生命との出会いです。

----その時の第一印象が、『それまでの生命保険の概念が覆った』と仰っていますが
三木----学資保険のお話をした後に、『いい機会なのでソニー生命の生命保険の考え方を聞いてください』と言われて、一通り聞かせて貰いました。今までは、全くそういう事を考えずに生命保険に加入していた事を気づかされ、何の為に加入しているのかも曖昧なままでしたので、そこが一番衝撃的でした。『そうか生命保険はこうだ』というのが第一印象です。

----担当ライフプランナーより、誘いを受けてライフプランナーになろうと思ったそうそうですが。
三木----その方が所長と言う立場になられて、『今度はライフプランナーをリクルートする立場になった。私と一緒に仕事を出来れば楽しいのではないかと思い声を掛けさせて頂いた』と、我が家に来て、妻も一緒に居る時に話をされました。
結構迷いました。家族もいますし、持家もありローンも抱えていましたので、チャレンジをして上手くいかなかった場合のリスクは大きいのではないかと、悩み・葛藤がありました。三木武が語ります2
妻は逆に『凄く良いんじゃない! 』という感じで乗り気でしたが(笑)。ライフプランニングをして貰って妻は凄く感動、感銘を受け、『その仕事を生涯の仕事として出来るなら凄くいいよね。あなたがやりたいのであれば私は応援したい』と言ってくれました。
それまでの仕事は、会社が仕事を割り当ててくれるスタイルでした。その事に『本当にこんなものかな』と漠然と感じていました。ライフプランナーは自分から能動的に動きます。本来仕事とは、そういったものかと思いましたし、何よりお客様を幸せにすることで、報酬を頂いて、自分も幸せになれるという点が、一生をかけてやる仕事ではないか、と思った事が最終的に決断に至った点です。

----入社を決めた理由としては能動的に仕事ができる事、生命保険を通じて日本を変えたい、そして最後にお客様を幸せにして自分も幸せになれる事だそうですが。
三木----ライフプランナーは、私がお客様に対して一対一でお話しをし、仕事が出きる点が良い点だと思いました。前職では技術職の人とペアを組んで仕事を進めていたので自分一人でという感じがしませんでしたので。
2番目に、私は子供が3人います。当時は、子どもは一人で、その一人にお金を掛けると言っている方が周りに多かったのです。私は子供が多い社会が健全ではないかと思っていました。ライフプランニングをして子供を2人欲しいけど2人は無理かなと思っているご家庭に話をさせて頂いて、『大丈夫』という答えが出たならば2人子供を、3人子供を、となって3人兄弟が珍しくない社会になったら日本は変わるんじゃないかという気持ちが強くあり、勿論これは数字、根拠によるものです。ライフプランニングを広めて、子供が沢山いる社会になればいいと思います。

----『お客様を幸せにして、自分も幸せになれる』というのは。
三木----ライフプランニングをしてお客様を幸せにするという事です。
ソニー生命で、ライフプランナーにという仕事は、『本当にお客様の方だけを見ていればいい仕事』と言われて、お客様の方だけ見て、お客様のことを第一に考え、それが仕事として成り立っていき、自分もお客様に貢献する事で生活が出来て、充実した人生が送れればそれは自分が幸せになれるという事なので。
三木について
三木武が語ります4 ----三木さんのお客様になるとどんな良いことがありますか?
三木----自分のお客様には、万が一が起きた時にしっかりと守る、という事は勿論なのですが、それだけではなく、順調に長生きされていたとしても、幸せに人生を送って頂けるようにサポートさせて頂こうとお客様に接しています。私のフットワークが軽いという事もあります。
それから、それまで夫婦でこんな事を話したことが無かった、というようなお話をして頂いてますので、私がお客様とお話させて頂くことで、夫婦の間で将来的な話をして頂き、これを具体化する。これが私のお客様になって頂くことで出来る良い事なのかなという気がします。

----三木さんにとってライフプランナーとは何でしょうか。
三木----生死両面でお客様をサポートする人だと思います。ライフプランニングを通じて、健康に長生きした場合も、不安を解消する。万が一の事があり収入が激減したとしても、残されたご家族の人生設計が守れるよう、生命保険を使って貢献する事ができるのがライフプランナーという存在だと思います。
そして私の理想なのですが、誠実にお客様のことを第一に考える人、それが理想のライフプランナーです。。先ほどの話と共通してますが、自分の利益に偏るのではなく、何がお客様にとって本当にベストなのかを第一に考えるようなライフプランナーでありたいと思います。
三木武が語ります3



----三木さんの良い所を教えてください。誠実で、一度通った道を忘れなくて、雑学が豊富だと伺っています。誠実だというのは、どなたかに言われたのでしょうか。
三木----そうです、妻にに言われました(笑)『私の良い所はどこ?』と聞いた所、『誠実な所じゃない。』と一番最初に出てきました。
それから、方向音痴の逆と言いますか、地図を見たら大体の所は行けますし、一回行った所はほとんど行けるようになります。
それからこれも、よく言われる事ですが、雑学は豊富らしいです(笑)。

----では三木さんの欠点をを教えて下さい。
三木----それも妻に聞きました。『理屈っぽいけどマイペース、マイペースですから集中したら周りが見えなくなる』と。理屈っぽいけど口喧嘩はダメです(笑)
マイペースというのは妻だけにマイペースって言う感じなのかもしれません。それから、勉強などをしていたり、本を読んでると、何かを聞かれても聞こえなくなってたり、考え事をしてる時に話かけられても気づかないとかですね。
生命保険とは
三木武が語ります5----三木さんにとって生命保険とは何でしょうか。
三木----生命保険は、一家の大黒柱に万一の事があったとしても、残された家族のライフプラン、人生設計を守るもの、そして家族への想いを、具現化したものだと思います。残された家族にこうあって欲しいと思う気持ちがあるから生命保険が必要なのだと思います。
生命保険には生死両面もあり、万が一の時に上手く行くのは勿論の事、順調に人生を送って行く為に、それを叶えていく為の部品という側面もあると思います。

----生命保険の保険料は住宅の次に高い買い物と言われますが、その事についてはどう考えていらっしゃいますか。
三木----お客様がどう感じられるかだと思います。何の為に必要なのか、お客様自身が理解してなければ、例え小額の保険であったとしても高いと感じるでしょうし、何の為に必要で、無いことでどういう事が起きてしまうのか、逆にあればどういったことを実現できるのか、お客様に認識して頂いた時は、例え保険料が増えてしまったとしても、納得して払う保険料と、納得せずに払う保険料では、納得せずに払う保険料の方が高く感じると思います。その事はお客様には伝えるよう心掛けています。
三木武が語ります6
----では最後になりますが、これからのお客様ににメッセージをお願いします。
三木----私がライフプランナーで、お客様にお伝えしたい事は、『ライフプランニングが凄く大事』という事です。ライフプランニングが何故大切なのか、思い描く人生を、順調に生きて頂く為に、人生設計をする事で、短いスパンではなく一生涯という本当に長いスパンで考えることが必要ですし、その為にはライフプランニングという所で客観的な目も入れながらやって頂く事も必要だと思っています。生命保険というのはライフプランを守るものだと考えて居ますので、ライフプランに沿った生命保険をご提案させて頂くのが私の使命だと思っています。よろしくお願いします。

----ありがとうございます。
(取材2018年 UMI)